乳酸菌ゼリー

腸内フローラとは・・・

「腸内フローラ」とは一体何のこと?

私たちの腸の中には目に見えない程の無数の生き物(微生物)が存在していて、その数は実に100兆匹以上とも言われています。

これらの目に見えない100兆匹の微生物を総重量に換算すると、1kg〜1.5kgにもなるようです!

その微生物は腸内細菌と言われているのですが、種類も多種多様に及ぶことから、これら腸内細菌が腸の中で広がっている様子が花畑(フローラ)に例えられ、「腸内フローラ」というように呼ばれているようです。


腸内細菌は3つのグループに分けられます。

1つは、ビフィズス菌や乳酸菌などの「善玉菌」。これらは食べ物からのエネルギー吸収を適切な量にコントロールしたり、排便にもつながる腸の“ぜん動運動”を促してくれて、主に身体にとって良い影響を与えてくれる細菌です。

2つは、大腸菌などの「悪玉菌」。食物などを腐敗させたり、時にはがんの原因にもなってしまう、主に身体にとって害を与えることが多い細菌です。

3つがその時の環境によって善玉にも悪玉にもなる「日和見菌」と呼ばれるその他大勢の菌(常在菌)です。

この3つのグループを合わせて、1000種類以上の腸内細菌が腸の中に広がっている様子を表した言葉こそ、冒頭で述べたように「腸内フローラ」と言い、この3つのバランスを正常な状態を保つことが大切です。

善玉菌を増やそう!

納豆やヨーグルトなどの発酵食品

納豆、味噌、キムチ、ヨーグルトなどの発酵食品は栄養素が豊富なことに加え、乳酸菌などの多様な善玉菌を取り込むことができる食品です。


濃縮乳酸菌とは?
正式名称はエンテロコッカス・フェカリス(球菌のエンテロコッカス属フェカリス菌)
といい、ビフィズス菌のような腸内細菌の一種で、はフェカリス菌の優れた働きを最大限に引
き出した乳酸菌です。
一般に乳酸菌食品には生きた乳酸菌が含有されていますが、長年の研究により「加熱処理した乳酸菌」のほうが安全性と働き・活性が強いことを解明しました。
加熱処理をすることで有効成分を抽出することができ、生きた菌では不可能であった数兆個もの乳酸菌を摂取することが可能になりました。